任意売却の残債

任意売却後の住宅ローンの残債はどうしたらよいのか?

任意売却 残債整理

任意売却をすると殆どの場合、住宅ローンの残りの金額よりも売却金額の方が小さくなってしまいます。

 

家を売ってそのお金を全額支払っても、住宅ローンの残債に届かないため、家は売ったのに残債だけを支払わなければならなくなってしまいます。

 

住宅ローンを月々支払うことが出来ないから売って清算したというのに、転居先の家賃を払いながら住宅ローンを支払える訳がありません。

 

一括返済など無理に決まっています。

 

銀行も十分それを理解しています。

 

専門的な知識を持っている人にアドバイスをもらうことで、住宅ローンの残債を大幅に減らしたり、月々の返済額をとても小さくすることが可能になります。

 

任意売却を検討する際には、そういう後々のことまでを含めた計画を立てる必要があります。

 

まず売ってからどうしようでは、対処することが出来なくなってしまいます。

 

任意売却を計画する際には、是非専門家のアドバイスをもらってからにしてください。

 

>任意売却の無料相談


任意売却後の残債整理の方法

任意売却後の残債整理の方法は機関によって異なります。

 

民間の金融機関の場合、任意売却の後。保証会社から残債の一括請求の通知がきます。

 

無担保債権は保証会社によって債権買取会社であるサービサーに譲渡され、支払いの方法や謹賀うを決めます。

 

なったら、保証会社が債権をサービサーに譲渡し、サービサーと支払額や方法を話し合って支払います。

債務免除の交渉

任意売却後の残債整理

このとき、債務免除の交渉ができることがあります。

 

債務免除の交渉ができた場合、大幅に債務が減り、場合によっては極稀ですが、返済請求されないこともあります。

 

住宅金融支援機構の場合は、月々の収支を記載する書類である生活状況確認表、分割弁済申出書に支払うことのできる金額を記入し、記入した金額を1年か5年で支払います。

 

1年後に生活状況確認表を再度提出することで、支払い額は見直しをすることもできます。

 

任意売却の費用として、仲介手数料や登録費用、マンション管理費滞納分、転居起用などがかかります。

 

住宅金融支援機構は費用控除基準を定めていて、仲介手数料の全額、1筆1万円以下の登録費用などが控除されます。

 

所有者の破産によって残債が保証人に移った場合は、保証人の所有する不動産を競売にかけて回収するということは行わず、払える範囲で

 

少しずつ払っていきます。

 

年金融資の場合は、売却後に確定した残債の支払い額を分割して毎月支払うことになります。

 

保証会社が債権をサービサーに譲渡し、サービサーと支払額や方法を話し合って支払います。